ノビルンジャーに含まれるビタミンB群とは?運動をする子供は要注意

ノビルンジャーにはビタミンB群が1日に必要な量の40%も含まれています。

たくさん種類があるビタミンですが、ビタミンB群にはいくつか種類があることを知っていますか?

 

ビタミンB群はビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸などたくさんあるのです。

中でもノビルンジャーはビタミンB1、B2、B6が豊富に含まれているので、これらについて解説していきます。

 

ノビルンジャーに含まれるビタミンB1は糖質をエネルギーへ

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きがあります。

 

運動をした後って疲れますよね。

でもしばらくしても疲れが取れないことがないですか?

もし疲れがしばらく続いても放っておいたら、神経や脳に障害が起こる可能性があります。

なので、きちんと睡眠も食事もとっているのに疲れが取れないときは、ビタミンB1を摂取するようにしましょう。

 

ビタミンB1を取っていると糖質をエネルギーに変えてくれるので、疲れがたまりにくくなりますよ。

ではビタミンB1はどのような食品にどれくらい含まれているのでしょうか?

 

ビタミンB1の1日の摂取量は0.5~1.5㎎

ビタミンB1の1日の摂取量はこちらになります。

年齢男性女性
1~2(歳)0.5㎎0.5㎎
3~5(歳)0.7㎎0.7㎎
6~7(歳)0.8㎎0.8㎎
8~9(歳)1.0㎎0.9㎎
10~11(歳)1.2㎎1.1㎎
12~14(歳)1.4㎎1.3㎎
15~17(歳)1.5㎎1.2㎎

あまり多くはないので、3食きちんと食べていれば不足することはないでしょう。

ちなみにビタミンB1は摂取しすぎても、すぐに消化されるので害はないです。

 

ビタミンB1が含まれる食品

ビタミンB1は多くの食品に含まれています。

ジャンル食品(100gあたりの使用)g数
穀類3.12㎎
小麦1.82㎎
肉類豚もも0.96㎎
豚ひれ1.32㎎
魚類かつお0.13㎎
マグロ0.1㎎

米やパンを主食に食事をとっていたら大丈夫そうですね。

なので野菜中心の生活をしている人やダイエットをしている人は気をつけましょう。

 

ちなみに、ノビルンジャーには1日に必要な量の40%も含まれています。

糖質をエネルギーに変換してくれるビタミンB1ですが、きちんと3食とっていたら問題なさそうですね。

 

ビタミンB2は皮膚や粘膜に効果ある!ノビルンジャーには36%も配合

ビタミンB2は皮膚や粘膜を正常に動かす効果が期待できます。

 

なぜか突然口内炎ができたことってないですか?

口内炎は栄養が不足しているからできるので、今自分が栄養不足になっているんだと分かります。

でも何の栄養が不足していて、何を摂取すれば良いのか分からないですよね。

 

口内炎ができた時はビタミンB2が不足している証拠です。

ビタミンB2が不足すると、口の中の粘膜が負傷するため口内炎ができます。

なので日ごろからビタミンB2を摂取しておけば、栄養不足による口内炎はできないです。

 

でも何の食品を取ったら良いか分からないでよね。

ということで、ビタミンB2の1日の摂取量とビタミンB2が含まれる食品を見ていきましょう。

 

ビタミンB2の1日の摂取量は0.5~1.7㎎

ビタミンB2の1日の摂取量はこちらです。

年齢男性女性
1~2(歳)0.6㎎0.5㎎
3~5(歳)0.8㎎0.8㎎
6~7(歳)0.9㎎0.9㎎
8~9(歳)1.1㎎1.0㎎
10~11(歳)1.4㎎1.3㎎
12~14(歳)1.6㎎1.4㎎
15~17(歳)1.7㎎1.4㎎

ビタミンB2も摂取量自体は多くないですね。

これくらいなら問題なく摂取できそうに感じます。

 

ビタミンB2が含まれる食品

ビタミンB2は魚類や穀類に含まれています。

ジャンル食品(100gあたりの使用)g数
発酵食品納豆0.56㎎
穀類アーモンド1.06㎎
乳製品牛乳0.15㎎
魚類ぶり0.36㎎
さわら0.35㎎

他にも肉類にも豊富に含まれているので、比較的取りやすいですね。

もしダイエット中なら、ほうれん草もビタミンB2が多いのでおすすめです。

そしてノビルンジャーには、1日に必要な量の36%も含まれています。

ビタミンB2は不足すると口内炎ができる可能性があるので、毎日摂取するようにすると良いですね。

 

ノビルンジャーに含まれるビタミンB6は皮膚や免疫力に効果ある

ビタミンB6は皮膚の抵抗力増加や免疫力の上昇の効果が期待できます。

 

もしビタミンB6が不足すると皮膚炎や口内炎、貧血、疲労が増すなどの悪い影響が出るのです。

ちなみに取りすぎたからと言って何か害になるということはないので安心してください。

ではビタミンB6の摂取量と食品の含有量を見ていきましょう。

 

ビタミンB6の1日の摂取量は0.5~1.5㎎

ビタミンB6の1日の摂取量はこうなります。

年齢男性女性
1~2(歳)0.5㎎0.5㎎
3~5(歳)0.6㎎0.6㎎
6~7(歳)0.8㎎0.7㎎
8~9(歳)0.9㎎0.9㎎
10~11(歳)1.2㎎1.2㎎
12~14(歳)1.4㎎1.3㎎
15~17(歳)1.5㎎1.3㎎

摂取量もそんなに多い感じがしないので、これも3食取っていれば大丈夫そうですね。

 

ビタミンB6が含まれる食品

ビタミンB6は多くの食品に含まれています。

ジャンル食品(100gあたりの使用)g数
肉類豚ひれ0.54㎎
鶏ささみ0.48㎎
果物バナナ0.38㎎
魚類かつお0.85㎎
マグロ0.76㎎
0.64㎎

肉類や魚類にも含まれているので、特に意識していなくても大丈夫そうですね。

ただダイエットなどで偏食になってしまっている人は気を付けておきましょう。

ちなみにノビルンジャーには、1日に必要な量の40%も含まれています。

ビタミンB6も1日に3食取っていたら大丈夫なので、きちんと食事するようにしましょう。

 

ノビルンジャーにはビタミンB群が3つも配合

ノビルンジャー

https://for-s-online.jp/lp?u=nobirunja_adp_mk_t001_gaw110of1

ノビルンジャーにはなんとビタミンB1、B2、B6全ての栄養素が含まれています。

全ての栄養素を取るのは難しいお子様もいるでしょう。

例えば小食の子や好き嫌いが多い子がそうですよね。

そういうお子様は栄養面がかなり心配だと思います。

 

でもノビルンジャーなら、1日に2粒食べるだけで1日に必要な栄養素の40%も摂取できます。

これくらいなら小食の子でも好き嫌いが多い子でも簡単に栄養を取れますよね。

 

またよく運動するお子様もビタミンは不足しやすいです。

もしこれを放っておくと運動をしているから体が丈夫になるはずなのに、栄養が不足するので体の弱いお子様になります。

そうならないためにもノビルンジャーを運動前に食べるだけでいいです。

ノビルンジャーを食べておけば、運動しても栄養が残るので体が丈夫に育つでしょう。

ノビルンジャーについて詳しく見る

ノビルンジャーに含まれるビタミンB群は健康に関する成分だと判明

ビタミンが不足すると疲れが取れなくなったり、皮膚炎や口内炎になります。

基本的にはこれらのビタミンは、1日に3食バランスの良い食事をとっていたら問題ないです。

しかし小食なお子様や好き嫌いが多いお子様には難しいですよね。

そういうお子様にはノビルンジャーが最適です。

 

ノビルンジャーは1日2粒ラムネを食べるだけなので誰にでもできます。

しかも各栄養素を約40%ずつも取れるので、是非利用したいですよね。

そんな方にはノビルンジャーは通常4980円もしますが、今なら2200円で買えます。

もし気にいってその後も買いたいなら3984円で買えるのでお得です。

ただしこの値段は毎月100品限定の特別価格なので早い者勝ちになります。

ノビルンジャーについて詳しく見る

コメント