ノビルンジャーは中学生にも効果ある?身長が伸びる仕組みも紹介

ノビルンジャーは不足しがちな栄養を補給できるので、お子様に効果抜群ですよね。

そのノビルンジャーは成長期のお子様を対象にしていますが、中学生には効果あるのでしょうか?

もし効果あるなら特に男の子は中学生からグンと伸びるので、栄養が不足しがちですよね。

というわけで、中学生にもノビルンジャーは効果が期待できるのか見ていきましょう。

 

中学生の成長期は15歳くらいまで

一般的に男女とも15歳までが身長が伸び安い時期と言われています。

なのでこの時期を過ぎてしまうと、特に女子は身長がほとんど伸びないです。

もう少し身長が欲しかったという後悔をしないためにも、中学生の間に栄養を取っておきましょう。

 

中学生男子の平均身長は159~168㎝

男子は中学生の間が一番身長が伸びるとされていて、17歳を境に成長期は終わります。

 

中学生になると男子はぐんぐんと身長が伸びるので、周りとの差が付きやすい時期ですよね。

この時期にしっかりと栄養を取っておかないと身長が伸びにくいので、いつの間にか平均を下回ることにもなり得ます。

 

その男子の平均身長はこちらになります

年齢平均身長
12歳(小学6年生)153㎝
13歳(中学1年生)159㎝
14歳(中学2年生)165㎝
15歳(中学3年生)168㎝

これを見ると小学校卒業から中学校卒後までに15㎝も伸びています。

あくまで平均なので参考程度にしかなりませんが、15㎝程度は伸びると思っていいでしょう。

 

でも栄養を摂取していないとこんなに伸びない可能性が高いです。

というのも、たまに15歳になっても小学生くらいの身長の子もいますよね。

遺伝も少しは関係しているでしょうが、栄養が足りていなかったと思われます。

なので特に男子は中学生の間に、きちんと栄養を摂取しておいた方が良いです。

 

中学生女子の平均身長は154~157㎝

女子は小学生高学年が成長期なので、中学生はあまり伸びない傾向にあります。

 

小学生の女子が男子より身長が高いという光景を見たことがないですか?

それは女子の成長期が小学5.6年生なので、一時的に男子の身長を超えるからです。

なので女子の場合は小学生に栄養を摂取することが大切と言えます。

 

でも中学生から伸びるという子もいます。

年齢平均身長
12歳(小学6年生)152㎝
13歳(中学1年生)154㎝
14歳(中学2年生)156㎝
15歳(中学3年生)157㎝

男子と比べるとあまり伸びてないと感じますね。

でも平均5㎝も伸びているのでけっこう大事な時期とも言えます。

女子の場合あまり身長が高すぎると良くないイメージがありますが、平均ぐらいあると安心ですね。

なのでしっかりと栄養を摂取して中学卒業後には157㎝ぐらいになっておきたいです。

 

小中学生に起こる成長期ってそもそもなに?

成長期とは身長を伸ばす骨端線という骨が伸びやすい時期のことです。

なんとなく身長が伸びる時期を成長期と言っていますが、実際どういうふうに身長が伸びるのか知っていますか?

実は成長期には、子供にのみ存在する骨端線という成長軟骨があります。

この骨端線が伸びることで身長も伸びる仕組みになっているようです。

 

ちなみに、その骨端線は大人になると消滅するので、そこから身長が伸びなくなります。

逆に骨端線があるとまだ身長が伸びる可能性があるということになりますね。

ではどのようにして骨端線を伸ばしていけばよいのでしょうか。

 

身長を伸ばすには3大要素が大切

それはバランスの良い食事・運動・睡眠です。

それでは詳しく見ていきますね。

 

バランスの取れた食事

食事は骨に関係するカルシウムさえ取っておけばいいというイメージが強いですよね。

もちろんカルシウムには骨を丈夫にする効果がありますが、実はカルシウムだけを摂取してもあまりよくないです。

というのもカルシウム単体ではカルシウムの吸収率が低いので、骨に栄養が回りません。

 

カルシウムの吸収率を上げたいならマグネシウムやビタミンD、ビタミンKを同時に摂取すると最高ですよ。

詳しくはこちらからどうぞ

このように、偏った食事ではなくバランスのとれた食事が大切です。

 

適度な運動

運動をすると骨が刺激されるので、骨端線も伸びて身長が高くなります。

 

中学生になると部活動で運動をする子も増えるのではないでしょうか?

そういう子は運動をする習慣があるので、身長が伸びやすいです。

でも部活動が文科系や帰宅部なら運動する習慣がないというお子様も多いでしょう。

そんな子はせめて授業の体育を一生懸命すると身長も伸びやすくなるので頑張りましょうね。

 

また運動後は栄養を激しく消耗しますよね。

そうすると成長に必要な栄養までなくなって、結果的に身長が低くなることがあるので注意しておきましょう。

 

睡眠も大切!

寝ることで成長ホルモンが活発に動くので身長が伸びやすいです。

寝る子は育つと良く聞きませんか?

でも最近のお子様は寝るのが遅い傾向にありますよね。

 

あるデータによりますと、中学生の睡眠時間は最低でも7時間は必要と言っています。

しかし実際は半数以上が7時間未満の睡眠となっているのです。

そうすると身長も伸美にくいでしょう。

というのも睡眠中に成長ホルモンがドバドバ分泌されるから身長がのびやすくなるのです。

 

逆に、睡眠時間の短い子は成長ホルモンの分泌が少ないので、身長が伸びにくい傾向にあります。

なので成長期の中学生は特に7時間は睡眠時間を取るようにしましょう。

 

実は寝るだけで成長ホルモンが分泌されますが、寝る前にある工夫をするともっと分泌されます。

それは寝る前の1時間半から3時間の間にカルシウムを摂取することです。

詳しくはこちらからどうぞ

成長期のお子様にはバランスの取れた食事・運動・睡眠が必要不可欠で、この3つをきちんとすると身長も伸びます。

 

何かと忙しい中学生にはノビルンジャーがおすすめ

ノビルンジャー

小学生向けのノビルンジャーは中学生にも効果が期待できます。

身長を伸ばすには食事・運動・睡眠が大切だと言いましたが、実際には難しいですよね。

中学生になると忙しくなる子も多いでしょう。

 

例えば部活動や勉強もありますが、さらに交友関係が増えるので遊ぶ時間も多くなります。

そうすると食事・運動・睡眠のどれかが不足してしまうのも当然と言えますよね。

その結果、栄養が不足して身長が低くなったり、体調を崩すこともあります。

 

そんな忙しい中学生にはノビルンジャーが最適です。

ノビルンジャーならたった2粒のラムネを食べるだけで、1日に必要な栄養を40%も摂取できます。

その栄養にはカルシウムとマグネシウム、ビタミンD、ビタミンKも含まれています。

他にもボーンペップという骨を伸ばす効果が期待できる成分もあるのです。

なのでノビルンジャーは骨を丈夫にする効果が優秀と言えます。

 

しかも成長を伸ばす成分のアルギニン、オルニチン、シトルリンも含まれているのです。

そうなると骨を丈夫にしつつ、身長も伸びるという効果を得られます。

ノビルンジャーに含まれる成分について詳しくはこちらから

ということで、忙しくて栄養が不足しがちな中学生にもノビルンジャーは最適です。

 

ノビルンジャーについて詳しく見る

ノビルンジャーは中学生にも効果が期待できます!

中学生、中でも男子は身長が伸びやすい成長期です。

その平均伸び数は男子が15㎝で、女子が5㎝もあります。

 

でもせっかくの成長期もしっかりと栄養を摂取していないと身長が伸びないですよ。

特に大事なのが食事・運動・睡眠です。

 

しかし中学生は忙しくなるのでどうしてもどれかが不足してしまいます。

そんな子にはノビルンジャーです。

ノビルンジャーは骨を丈夫にするカルシウムやボーンペップ、身長を伸ばすアルギニンが含まれています。

毎日ノビルンジャーを食べて将来、もう少し身長が欲しかったという後悔が無いように今のうちに最善を尽くしておきましょう。

ノビルンジャーについて詳しく見る

コメント