ノビルンジャーに含まれるカルシウムは身長に効果ないって本当!?

ノビルンジャーには1日に必要なカルシウムが30%も含まれています。

 

カルシウムが豊富なのでノビルンジャーを食べていたら身長が伸びると思っていませんか?

でも実はカルシウムは身長にあまり効果がないですよ。

 

身長に効果がある栄養素はカルシウムではなくアルギニンと言われています。

あまり聞き覚えのない名前なので「アルギニンって何?」ってなるかもしれません。

 

そういう人はこちらで詳しく紹介しています。

また身長を伸ばすなら、他に何の栄養素を摂取すればいいのかも解説してますよ。

 

じゃあカルシウムを摂取すると何の効果があるのかと思いますよね。

カルシウムは骨を丈夫にしてくれるのです。

ノビルンジャーに含まれるカルシウムは骨を丈夫にする

カルシウムは適量摂取すると骨が丈夫になります。

 

理由は知らないけどカルシウムをたくさん摂取した方が良いというイメージがないですか?

特に身長を伸ばしたくて、牛乳やチーズなどの乳製品を食べまくったことがあるかもしれませんね。

 

でもあまりにもカルシウムを取りすぎると副作用があると言われています。

 

とある情報では1日に1.000㎎以上のカルシウムを取っている人は、心臓血管系の死亡率が2割も高くなっています。

 

逆にカルシウムが少ないと骨がもろくなって骨折しやすくなったり、骨粗しょう症になる可能性があるのです。

 

ではカルシウムはどれくらい摂取すると効果があるのでしょうか?

お子様が取るべきカルシウムの量とカルシウムが豊富な食品を紹介します。

 

カルシウムの1日の適正量とは

 

1日のカルシウム摂取量はこちらになります。

年齢男性女性
1~2(歳)450㎎400㎎
3~5(歳)600㎎550㎎
6~7(歳)600㎎550㎎
8~9(歳)650㎎750㎎
10~11(歳)700㎎750㎎
12~14(歳)1000㎎800㎎
15~17(歳800㎎650㎎

 

これを見ると成長期に必要な摂取量が特に多いですね。

ただしカルシウムばかりとっても、骨は丈夫にならないのでバランスよくとることが大事です。

 

カルシウムが豊富な食品を紹介!

 

カルシウムが多く含まれている食品がこちらになります。

ジャンル食品使用量g数
乳製品牛乳200ml230㎎
ヨーグルト110g130㎎
大豆木綿豆腐130g180㎎
魚類しらす干し10g25㎎
ひじき10g180㎎
野菜小松菜80g140㎎
切り干し大根10g50㎎

 

やはり乳製品が強いですね。

ただしこの4種のジャンルからそれぞれカルシウムを少しずつ摂取すると吸収率が上がるのでおすすめです。

 

もし無理なら最低でも2種類は食べるようにしましょう。

ということでお子様の年齢を確認して、適量なカルシウムをできるだけ多くの食材から取るようにしましょう。

ノビルンジャーに含まれるカルシウムの他の働き

カルシウムは骨だけでなく血液や筋肉にも栄養が行き、体の体調を整えてくれています。

 

カルシウムと言えば骨や歯に効果があると思いますよね。

実はカルシウムの99%が骨や歯に行きますが、残りの1%は血液や筋肉に行き、心を落ち着かせる効果もあります。

 

なのでもしカルシウムが不足すると、成長を妨害したり、脳の病気を起こしたり、イライラしたりなど良くないことばかり起こるのです。

 

ということで骨のためではなく、肉体の健康のためにもカルシウムを取ることを意識しましょう。

【衝撃】ノビルンジャーに含まれるカルシウムを摂取するだけは無意味

カルシウムを効率よく吸収するにはマグネシウムやビタミンD、ビタミンKも摂取する必要があります。

他にも運動や睡眠も重要です

 

何となくカルシウムさえ取っておけばいいだろうと思っていませんか?

実はカルシウム単体ではあまり体に吸収されないです。

 

どうせならうまくカルシウムを吸収して、体になじませたいですよね。

 

ということで組み合わせるとカルシウムが吸収されやすくなる栄養素を紹介していきます。

 

カルシウムはマグネシウムと一緒に摂取すると効果的!

マグネシウムとカルシウムを1:2の割合で取るのが理想とされています。

 

マグネシウムという名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれません。

でも実際に、どんな働きをしているのかは知らないという人も多いのではないでしょうか?

 

マグネシウムの働きは酵素の働きを助けることで、他にもカルシウムとくっつく効果があります。

 

 

カルシウムとくっつくと筋肉が縮まることを抑えたり、血圧を下げたりする効果もあるのです。

なのでカルシウムを効率的に吸収するだけじゃないということですね。

 

マグネシウムの1日の適正量

 

マグネシウムの1日の適正量はこちらです。

年齢男性女性
1~2(歳)60㎎60㎎
3~5(歳)80㎎80㎎
6~7(歳)110㎎110㎎
8~9(歳)140㎎140㎎
10~11(歳)180㎎180㎎
12~14(歳)250㎎240㎎
15~17(歳)300㎎260㎎

 

もしマグネシウムが不足し続けると動脈硬化を起こしたり、吐き気や精神障害になるかもしれません。

なのであまりにもマグネシウムを取りすぎないということにならないように注意してください。

 

マグネシウムが豊富な食品

 

マグネシウムは海藻類に多く含まれています。

ジャンル食品(100gあたりの使用)g数
海藻類わかめ1100㎎
あおさ3200mg
ひじき640㎎
穀類850㎎

 

海藻類はかなり多くのマグネシウムが含まれていますね。

なので不足していると感じたら海藻類をドカ食いしたら安心です。

 

なので普通に1日3食ご飯を食べていたら不足するということはあまりないでしょう。

 

カルシウムと合わせてビタミンDも摂取しよう!

カルシウムだけじゃなくビタミンDも骨を丈夫にする効果があるので、両方取るとさらに骨が丈夫になります。

 

ビタミンっていろいろ種類があって何がどういう効果があるのか分かりませんよね。

 

正直覚えられないと思うかもしれませんが、ビタミンDが骨を丈夫にする効果があるということは覚えておきましょう。

 

ビタミンDはカルシウムの働きを促進させて、血液中のカルシウム濃度が上がり、骨折がしにくい体になります。

なので怪我の多いお子様には是非摂取させておきたいですね。

 

ビタミンDの1日の適正量

 

ビタミンDの1日の適正な摂取量はこちらになります。

年齢男性女性
1~2(歳)2.0㎍2.0㎍
3~5(歳)2.5㎍2.5㎍
6~7(歳)3.0㎍3.0㎍
8~9(歳)3.5㎍3.5㎍
10~11(歳)4.5㎍4.5㎍
12~14(歳)5.5㎍5.5㎍
15~17(歳)6.0㎍6.0㎍

※㎍とは100万ぶんの1グラムのことを指します。

 

あまり多そうに見えませんね。

これなら簡単だと思うでしょうがその通りで、ビタミンDは太陽からも摂取できるのです。

 

なので外に出る習慣があるお子様は問題ないと言われています。

逆にずっと家にいると太陽からは取れないので、外で遊ぶようにしましょう。

 

ビタミンDが豊富な食品

 

ビタミンDがたくさん含まれる食品は魚介類です。

ジャンル食品(100gあたりの使用)g数
魚介類べにさけ33.0㎍
サンマ19.0㎍
サバ11.0㎍
肉類ぶたロース0.2㎍
乳製品牛乳0.3㎍

 

魚が豊富にビタミンDが含まれているので、魚を食べておけば良いですね。

もしビタミンDが不足すると成長が妨げられたり、骨が柔らかくなるので姿勢が悪くなったりします。

 

なのでなるべくお子様を外で遊ばせて、それでも不安なら魚介類を食べると問題ないですね。

 

ビタミンKは骨の成長に欠かせない

ビタミンKは骨を形作る作用があります。

 

またもやビタミンですが骨を丈夫にしたいなら、後これだけは覚えておきましょう。

ビタミンKは血が出たときに固めてくれる効果や活発に骨作りをする効果があります。

 

なので不足すると血が止まりにくくなったり、骨がもろくなるのです。

特にお子様はけがをするので確実に取っておきたい成分ですね

 

ビタミンKの1日の適正量

 

ビタミンKの1日の適正な摂取量はこちらになります。

年齢男性女性
1~2(歳)60㎍60㎍
3~5(歳)70㎍70㎍
6~7(歳)85㎍85㎍
8~9(歳)100㎍100㎍
10~11(歳)120㎍120㎍
12~14(歳)150㎍150㎍
15~17(歳)160㎍160㎍

※㎍とは100万ぶんの1グラムのことを指します。

 

多そうに見えますがビタミンKは様々な食品に含まれているので、1日3食食べていれば問題ないです。

 

ビタミンKが豊富な食品

 

ビタミンKが多く含まれる食品はこちらです。

ジャンル食品(100gあたりの使用)g数
お茶類抹茶2900㎍
紅茶1500㎍
海藻類わかめ1800㎍
野菜類パセリ850㎍
キャベツ78㎍
白菜59㎍
ブロッコリー160㎍

 

ビタミンKはお茶類にかなり多く含まれているのでおすすめです。

 

他にも納豆にも含まれているので、毎日食べている人とそうでない人ではビタミンKの摂取量が2倍も違うと言われています。

納豆が体に良いと言われる理由がよく分かりますね。

 

カルシウムの吸収率を食事以外で上げる方法とは

カルシウムの吸収率をもっと上げたいのなら運動や日光浴、睡眠が大事です。

 

カルシウムは骨を丈夫にしてくれますが、骨に吸収されてないと効果がありません。

なので吸収率を上げることが大事なのですが、そのためにはまずは運動です。

運動と言えば走ったりなど激しいものをイメージする人もいるかもしれんせん。

 

でも歩くだけでも十分な効果があります。

また柔軟も効果があるのでおすすめです。

 

次に日光を浴びましょう。

ビタミンDのところでも解説しましたが、太陽を浴びるだけでビタミンDを吸収できます。

これなら晴れた日に外に出るだけでいいので楽ですね。

 

最後に睡眠です。

人間は寝ている間に脳と体を休めます。

 

なので吸収した栄養素もその時が一番活発に働くのです。

寝るだけでいいのでカルシウムの吸収率を上げる一番手軽な方法と言えますね。

 

ということでカルシウムの吸収率を上げるなら、晴れた日に外を散歩して夜はゆっくり寝ましょう。

ノビルンジャーなら全て摂取可能

ノビルンジャー

https://for-s-online.jp/lp?u=nobirunja_adp_mk_t001_gaw110of1

ノビルンジャーなら今まで解説してきた骨の成長に必要な栄養を全て摂取できます。

 

各栄養をバランスよくとるのって面倒だと思わないですか?

正直、毎日全部の栄養を取るのなんて不可能でしょう。

特に食の細いお子様は絶対に無理ですよね。

 

でもノビルンジャーなら1日に必要な栄養素を30~40%も補うことができます。

しかもたった2粒のラムネを食べるだけと食事に気を使わなくても良いのでかなり手軽です。

 

これなら小食の子や運動が苦手な子、好き嫌いが多い子などどんなお子様にもできるはずです。

そうすれば骨がもろくなって骨折したり、病気にもなりにくい丈夫な体になるでしょう。

 

また身長を伸ばすアルギニンも含まれているので、毎日食べるだけで身長アップの効果もあるのです。

こんなお子様の成長を助けてくれるノビルンジャーの値段は4.980円です。

正直高くないですか?

 

でも初回の方なら2.200円で1袋試せて、30日間の全額返金保証もついてるのでリスクが無いです。

なのでお子様に元気に育てるためにもノビルンジャーを試してみるのも良いでしょう。

 

ノビルンジャーについて詳しく見る

「ノビルンジャーに含まれるカルシウムの働き」まとめ

骨を丈夫にする効果があるカルシウムは主に乳製品から大量に摂取できます。

 

またカルシウムはマグネシウムとビタミンD、ビタミンKと同時に摂取することでさらに効果があるのです。

他にも太陽を浴びたり、適度に運動をしたり、よく睡眠をとることでも骨が丈夫に育ちます。

 

なので外で適度に運動をして、1日3食バランスの取れた食事を食べて、夜はしっかり眠ることで丈夫な体になるということです。

 

でも実際にこれをできるかというと難しいと思うので、そういうお子様にはノビルンジャーがおすすめです。

 

ノビルンジャーなら1日に2粒のラムネを食べるだけで栄養を30~40%も摂取できます。

そのノビルンジャーの気になる値段ですが、1袋4.980円します。

でも初回の方は公式サイトから2.200円で買うことができるので、試してみるのもいいかもしれませんね。

 

ノビルンジャーについて詳しく見る

コメント