ノビルンジャーに含まれる亜鉛とは?子供の成長に必須ですよ!

ノビルンジャーにはお子様の成長に必須な亜鉛が含まれています。

 

亜鉛という言葉は聞いたことがあるけど詳しくは知らないという人もいるでしょう。

しかし亜鉛が不足すると成長が遅くなったり、味覚が鈍くなったり、食欲が不足したりします。

 

こんなことにならないためにも亜鉛の1日の摂取量や含まれる食品について知っておきましょう。

ノビルンジャーに含まれる亜鉛が不足すると大変なことに…

亜鉛を摂取すると骨が成長するので、成長期のお子様は特に必要です。

 

亜鉛は摂取しにくい成分の一つとされていることは知っていますか?

最近食生活が激変したことが原因で、特に若者が亜鉛不足に陥っています。

 

もしこんな生活が続けば、味覚がおかしくなったり、貧血や免疫力低下などの症状が出るのです。

 

他にもお子様の場合は成長障害になって、大きくなりにくい体になります。

そうなれば周りと比べて劣っていると感じて、そこから不幸な展開になるかもしれません。

 

なので特に成長期のお子様は亜鉛を取ることを意識しましょう。

亜鉛を取れば、亜鉛不足による悪い症状は出にくいです。

 

でも1日どれくらい取ったら良いのか、何の食品に含まれているのか分からないですよね?

ということで、亜鉛の1日の摂取量を年齢別に公開して、さらにどんな食品に含まれているのか紹介します。

 

亜鉛の1日の推奨摂取量を紹介

亜鉛1日の摂取量はこちらになります。

年齢男性女性
1~2(歳)3㎎3㎎
3~5(歳)4㎎4㎎
6~7(歳)5㎎5㎎
8~9(歳)6㎎5㎎
10~11(歳)7㎎7㎎
12~14(歳)9㎎8㎎
15~17(歳)10㎎8㎎

 

この数字だけ見ると大したことないように見えますよね。

ではどんな食品にどれくらいの亜鉛が含まれているのでしょうか?

 

亜鉛が含まれる食品とは

 

亜鉛が含まれる食品をジャンルごとに紹介します。

ジャンル食品使用量g数
肉類若鳥のもも肉200g3.2㎎
豚の肩ロース200g1.6㎎
大豆油揚げ30g2.5㎎
納豆30g1.9㎎
魚類マサバ500g1.1㎎
マアジ160g1.1㎎
カキ(養殖)15g14.5㎎
野菜枝豆30g1.4㎎
切り干し大根10g2.1㎎
ごぼう180g0.8㎎

 

多くの食品に亜鉛は含まれていますね。

これなら簡単に摂取できると思います。

ただどれも量が多いので、特に小食のお子様はきついかもしれませんね。

ノビルンジャーにも亜鉛が含まれています

ノビルンジャー

栄養豊富なノビルンジャーには亜鉛も含まれています。

 

亜鉛の摂取量と食品に含まれる量を見ると大人には簡単に思えますが、お子様には辛いでしょう。

特に小食のお子様は亜鉛を取るだけでもきついのに、他の栄養も取らないといけないので無理ですよね。

 

でも亜鉛を摂取せずに放っておくと、骨が成長しないので大きくなりにくいです。

そうすると身長が小さいまま大人になってしまいます。

 

そんな小食なお子様にはノビルンジャーがおすすめです。

ノビルンジャーは1日に2粒ラムネを食べるだけで、栄養素を40%も摂取できます。

 

1日に2粒なら小食のお子様でも余裕で食べられますよね。

この中には亜鉛も含まれているので、他の栄養素と共に亜鉛も摂取できます。

 

さらにノビルンジャーにはアルギニンという身長を伸ばす効果がある成分も含まれているのです。

なのでノビルンジャーは身長に関係する亜鉛とアルギニンを同時に摂取できるということになりますね。

 

ノビルンジャーを1日に2粒食べて3食きちんとご飯を食べておけば、身長が小さいということもなくなるはずです。

 

ノビルンジャーについて詳しく見る

「ノビルンジャーに含まれる亜鉛について」まとめ

亜鉛は成長期のお子様にとっては必須な栄養素です。

 

これがもし不足すると身長が小さいまま育ったり、味覚障害を起こす可能性もあります。

なので成長期のお子様は特に亜鉛を取るべきです。

 

亜鉛の摂取量は年齢にもよりますが3~10㎎とあまり多く感じません。

しかし食品をたくさん食べないといけないので、小食のお子様には難しいと思います。

 

そういう子にはノビルンジャーがおすすめです。

ノビルンジャーは1日に2粒食べるだけで亜鉛と、身長アップに関係があるアルギニンを摂取できます。

 

ノビルンジャーを初めて買う人は、今なら4980円のところを2200円で買えます。

お子様の身長が気になる親は自分の子供にノビルンジャーを食べてもらって、お子様に大きく成長してもらいましょう。

 

ノビルンジャーについて詳しく見る

コメント