ノビルンジャーは大人にも効果あるって本当?病気の予防になるかも

ノビルンジャーは身長が伸びるので大人も試してみたいと思うかもしれませんね。

でも身長が伸びるのは20歳までなので身長は伸びないです。

 

その代わりに、ノビルンジャーには栄養が豊富に含まれています。

なので毎日食べ続けるだけで病気知らずの体になれる可能性があります。

でもノビルンジャーでどこまでカバーできるのか気になりますよね。

というわけで大人が不足しがちな栄養素について紹介します。

 

大人が不足しがちな4つの栄養素

大人が特に不足しがちな栄養素はカルシウム、亜鉛、ビタミン、食物繊維です。

大人になると仕事で忙しくて食事どころでないという人が多いですよね。

疲れて家に帰ってきて、そこからバランスの取れた食事を作るというのは難しいです。

 

なのでコンビニ飯や外食で適当に食事を済ませることも多いでしょう。

しかしこれらの食事は、栄養が偏っているので健康のことを考えるとあまり良くありません。

中でも不足しがちな栄養素はカルシウム、亜鉛、ビタミン、食物繊維になっています。

 

ノビルンジャーなら不足しがちな4つの栄養素が含まれている

ノビルンジャー

ノビルンジャーならカルシウム、ビタミン、亜鉛が含まれています。

毎日いろいろな栄養を摂取するのは、仕事で忙しい大人には不可能ですよね。

もしバランスの良い食事を心がけても1日で終わりそうです。

でもしっかりと栄養を取らないと様々な病気になる可能性がグンと増します。

 

そんな忙しい人にもノビルンジャーは効果抜群です。

ノビルンジャーならカルシウムが1日の必要量の30%も含まれています。

 

さらに骨の吸収率を上げるマグネシウムも含まれているのです。

他にもビタミンD、ビタミンK、ボーンペップもあるので、骨を丈夫にするならノビルンジャーと言えますね。

 

ノビルンジャーには食物繊維は含まれていませんが、その代わりに52億個の乳酸菌が含まれています。

乳酸菌は腸内環境を整えてくれるので、便秘を改善できます。

その効果は乳酸菌が52億個もあるので絶大です。

その他のノビルンジャーに含まれる他の成分についてはこちらからどうぞ

 

こんな栄養満点なノビルンジャーは、たった10円玉ほどの大きさのラムネを2つ食べるだけです。

これならいくら忙しくても余裕でできますよね。

ということでノビルンジャーは忙しくて、栄養が不足しがちな大人にとって救いになるサプリです。

ノビルンジャーについて詳しく見る

カルシウムは腰痛予防に!ノビルンジャーには推奨量の40%も配合

カルシウムには骨を丈夫にする効果やイライラを抑える効果が期待できます。

仕事をしていると肩こりや腰痛になることってありますよね。

仕事をしている以上仕方のないことですが、癖になるのも嫌でしょう。

 

もし放っておくと肩こりや腰痛が悪化して、治せないほどのものになる可能性があります。

特に腰痛に苦しんでいる人は良く見かけます。

こうなる原因はカルシウム不足による部分が大きいです。

カルシウム不足は骨がもろくなるので、腰骨が弱くなって腰痛につながるということです。

 

実はカルシウムは骨だけじゃなく歯にも影響します。

なので歯が折れやすくなって、将来は入れ歯で生活をするなんてことになりかねません。

他にもイライラしやすくなるなど他の人にも迷惑をかけます。

 

ちなみにカルシウムの理想の摂取量はこちらです。

年齢男性女性
18~29(歳)800㎎650㎎
30~49(歳)650㎎650㎎
50~69(歳)700㎎650㎎
70以上(歳)700㎎650㎎

 

そしてこちらがカルシウムを豊富に含む栄養素になります。

ジャンル食品使用量g数
乳製品牛乳200ml230㎎
ヨーグルト110g130㎎
大豆木綿豆腐130g180㎎
魚類しらす干し10g25㎎
ひじき10g180㎎
野菜小松菜80g140㎎
切り干し大根10g50㎎

特に乳製品が豊富なので毎日牛乳かヨーグルトを食べるようにすると良いですね。

ということで、カルシウム不足は自分だけでなく、他人にも迷惑をかけるので危険です。

ノビルンジャーについて詳しく見る

ノビルンジャーに含まれる亜鉛はめまいや立ち眩み予防をできるかも

亜鉛が不足すると貧血やめまい、動悸を起こしやすくなります。

日頃から立ち眩みやめまいがすることはないですか?

仕事がハードだからそのせいだと思っているかもしれませんね。

でも毎日続くようなら亜鉛が不足している可能性が高いです。

 

亜鉛は日本人が不足しやすい栄養素で、意識していないと不足してしまいます。

もし不足するとめまいや立ち眩みもそうですが、最悪の場合味覚障害にもなるのです。

なので普段から亜鉛を意識して摂取するようにしましょう。

 

ちなみに亜鉛の理想の摂取量はこちらになります。

年齢男性女性
18~29(歳)10㎎6㎎
30~49(歳)10㎎6㎎
50~69(歳)10㎎6㎎
70以上(歳)9㎎6㎎

 

そして亜鉛が含まれる食品がこちらです。

ジャンル食品使用量g数
肉類若鳥のもも肉200g3.2㎎
豚の肩ロース200g1.6㎎
大豆油揚げ30g2.5㎎
納豆30g1.9㎎
魚類マサバ500g1.1㎎
マアジ160g1.1㎎
カキ(養殖)15g14.5㎎
野菜枝豆30g1.4㎎
切り干し大根10g2.1㎎
ぼう180g0.8㎎

 

肉や魚が豊富ですが、かなり量を摂取しないといけないので大変かもしれません。

少しずつでもよいので毎日摂取することを目標にしましょう。

 

ということで、亜鉛不足は動悸やめまい、最悪の場合はも味覚障害になることもあります。

 

食物繊維は便秘を改善できる

食物繊維が不足すると腸内環境が悪化して便秘になります。

 

最近便が出ていないということはないですか?

数日なら問題ありませんが、1週間も出ていないとそれは便秘です。

便秘になるとお腹が辛いだけでなく、腸内環境が悪化します。

そうすると肌も荒れてくるので、女性は注意しておきたいですよね。

さらに便秘が続くと、最悪の場合は大腸がんなどの大きな病気になってしまいます。

 

こんなことにならないためにも、食物繊維の摂取を普段から心がけておきましょう。

食物繊維は腸内の環境を整えてくれるので、便秘から解放されるはずです。

そうすると便秘から派生して起こる悪い出来事が無くなるので健康な体になるでしょう。

 

こちらが食物繊維の推奨摂取量です。

年齢男性女性
18~29(歳)20g18g
30~49(歳)20g18g
50~69(歳)20g18g
70以上(歳)19g17g

 

続いて食物繊維が豊富な食品をどうぞ

ジャンル食品(100g当たり)g数
いも類さつまいも2.8g
じゃがいも9.8g
穀類食パン2.3g
スパゲッティ3.0g
きのこ類しいたけ4.2g
えのきたけ3.9g
まいたけまいたけ3.5g
野菜類ほうれんそう2.8g
切り干し大根21.3g
ぼう5.7g

普段肉や魚ばかり食べていると厳しそうですね。

野菜やきのこを食べると良いので普段から野菜類の摂取も習慣にしましょう。

ということで食物繊維不足は便秘になって、そこからがんなどにつながるので気を付けておきたいですね。

 

ビタミンは様々な病気の予防に!ノビルンジャーには5種類も配合

ビタミンが不足すると様々な病気になります。

ビタミンと聞くとたくさん種類があるので困りますよね。

なのでどれを摂取したらよいのか悩むかもしれませんが、基本的にすべてをバランスよくとった方が良いです。

とりあえず今回はノビルンジャーに含まれる分だけ紹介します。

 

ビタミンD

ビタミンDは骨を丈夫にする効果が期待できます。

骨と言えばカルシウムのイメージが強いですよね。

でも骨に関係する成分はビタミンDやボーンペップもあります。

ボーンペップとは何だという方はこちらで解説しているのでどうぞ

なのでカルシウムと同様不足すると骨がもろくなって、腰痛や肩こりの原因になります。

 

こちらがビタミンDの必要量です。

年齢男性女性
18~29(歳)5.5㎍5.5㎍
30~49(歳)5.5㎍5.5㎍
50~69(歳)5.5㎍5.5㎍
70以上(歳)5.5㎍5.5㎍

 

続いてカルシウムDが含まれる食品をどうぞ

ジャンル食品(100gあたりの使用)g数
魚介類べにさけ33.0㎍
サンマ19.0㎍
サバ11.0㎍
肉類ぶたロース0.2㎍
乳製品牛乳0.3㎍

※㎍とは100万ぶんの1グラムのことを指します。

 

魚介類が豊富なようですね。

ちなみにビタミンDは太陽からも摂取できるので、晴れてる日に外に出るだけでも良いです。

ということで、ビタミンDは骨を丈夫にするので、カルシウムと合わせて摂取しておきたいですね。

 

ビタミンK

ビタミンKは出血した際に血を止める効果が期待できます。

 

仕事によっては出血が多いということもありますよね。

例えば工場や職人系の仕事はそうです。

なのでこういう職業の人は特にビタミンKを摂取しておいた方が良いです。

もしビタミンKが不足すると血が止まらないなんてことになります。

そうすると鉄分不足でめまいや立ち眩みにつながります。

 

こちらがビタミンDの必要量です。

年齢男性女性
18~29(歳)150㎍150㎍
30~49(歳)150㎍150㎍
50~69(歳)150㎍150㎍
70以上(歳)150㎍150㎍

 

続いてカルシウムDが含まれる食品をどうぞ

ジャンル食品(100gあたりの使用)g数
お茶類抹茶2900㎍
紅茶1500㎍
海藻類わかめ1800㎍
野菜類パセリ850㎍
キャベツ78㎍
白菜59㎍
ブロッコリー160㎍

※㎍とは100万ぶんの1グラムのことを指します。

 

お茶類が豊富なので、食事の際にジュースではなくお茶にするだけで良さそうですね。

これだけで出血量を抑えられるのですから、手軽だと言えます。

ということで、ビタミンKは出血した際に、早く血を止めるようにしてくれるので、出血が多い人は摂取しておきたいですね。

 

3種類のビタミンB群

ビタミンB群はいくつか種類がありますが今回はビタミンB1、B2、B6について解説します。

 

ビタミンB1で日々の疲れを取ろう!

ビタミンB1は疲れを取る効果が期待できます。

仕事をしていると疲れがたまりますよね。

基本的には数日体を休めると疲れも取れます。

しかしいつまで経っても体のだるさが取れないときは、ビタミンB1が不足している可能性が高いです。

これを放っておくと脳や神経に異常が起こるので、できるだけ早くビタミンB1を摂取してください。

 

ビタミンB1の摂取量はこちらです。

年齢男性女性
18~29(歳)1.4g1.1g
30~49(歳)1.4g1.1g
50~69(歳)1.3g1.0g
70以上(歳)1.2g0.9g

 

続いて食品をどうぞ

ジャンル食品(100gあたりの使用)g数
穀類3.12㎎
小麦1.82㎎
肉類豚もも0.96㎎
豚ひれ1.32㎎
魚類かつお0.13㎎
グロ0.1㎎

 

摂取量もそこまで多くはなく、食品も肉類や魚類などのメインどころに含まれているので大丈夫そうですね。

ただしダイエットでこれらの食品を断っていると、ビタミンB1不足になりやすいです。

なのでダイエット中の人は注意しておきましょう。

ビタミンB1は疲れを取ってくれる社会人には必須の栄養素と言えるので、必ず摂取しましょう。

 

ビタミンB2は口内炎の予防に!

ビタミンB2は粘膜を正常に動かす効果が期待できます。

なので不足すると口内炎になりやすいです。

口内炎って四六時中痛いので辛いですよね。

こんな目に遭いたくないなら、普段からビタミンB2を摂取しましょう。

 

ビタミンB2の必要量はこちらです。

年齢男性女性
18~29(歳)1.6g1.0g
30~49(歳)1.6g1.0g
50~69(歳)1.5g1.0g
70以上(歳)1.3g0.9g

 

続いて食品をどうぞ

ジャンル食品(100gあたりの使用)g数
発酵食品納豆0.56㎎
穀類アーモンド1.06㎎
乳製品牛乳0.15㎎
魚類ぶり0.36㎎
さわら0.35㎎

納豆が摂取しやすくて強力なので毎日食べるといいですね。

そうすると栄養不足からできる口内炎とはおさらばできるでしょう。

 

ビタミンB6でもっと口内炎を防げます!

ビタミンB6も皮膚や粘膜を正常に動かす作用があります。

なのでビタミンB2と同時に摂取すると強力ですね。

 

ビタミンBの必要量はこちらになります。

年齢男性女性
18~29(歳)1.4g1.0g
30~49(歳)1.4g1.0g
50~69(歳)1.4g1.0g
70以上(歳)1.4g1.0g

 

続いて食品です。

ジャンル食品(100gあたりの使用)g数
肉類豚ひれ0.54㎎
鶏ささみ0.48㎎
果物バナナ0.38㎎
魚類かつお0.85㎎
マグロ0.76㎎
0.64㎎

肉類と魚類に豊富なので、1日にどれか一つは摂取しておきたいですね。

この他にもビタミンはありますが、なるべくバランスよくとることを心がけましょう。

 

ノビルンジャーは忙しい大人の栄養面をサポートします!

大人はカルシウム、亜鉛、食物繊維、ビタミンが不足しがちです。

そんな人にもノビルンジャーはおすすめで、カルシウムや亜鉛、食物繊維、ビタミンなどを摂取できます。

 

またノビルンジャーはほぼお菓子なので、無理なく続けられるのです。

そんなノビルンジャー初めてノビルンジャーを購入するなら2200円で購入できます。

ノビルンジャーを食べると、病気にならない幸せな人生を送れるかもしれません。

ノビルンジャーについて詳しく見る

コメント